伊丹の英語教室・英会話|ECCジュニアBS南鈴原★つかしん稲野教室

Momoちゃんの教室にいらっしゃ~い(^O^)

画像1

★ECCサマーフェスティバル                                                   ネイティブの先生とゲームをします。毎年違ったテーマで行います。次のテーマは何かな??

画像2

★教室ハロウィーン・イベント                                                 グループに分かれて英語でゲーム対戦!勝利者チームを選びます。チームワークが良いのはどこかな?

画像3

★教室クリスマス・イベント                                                  1年間学んだ成果を校内スピーチ・コンテストで発表します。お菓子交換に皆の大好きなビンゴゲームもあります♪













 

新着ニュース News

2017.02.23

伊丹市 子供英会話 ECCジュニア南鈴原|英会話がしたい!

現在大学受験中の生徒から 可愛らしいメールが届きました。 受験日前日は調整のため ECC欠席が2回ほど続いています。 あまりにかわいらしいので少しご紹介します。 今日の授業も 入試直前で行けないので休みます(-_-;) みんなと英会話…したい…(>_<) 」 私も早く 彼と英会話がしたいです! み...続きを読む>>
拡大する

インフォメーション Information

 


さあ、私たちと一緒に英語を始めましょう(^^)/
語学学習は迷っていたらダメ (-_-)/ まず行動です (^o^)/
当ECCジュニアBSは南鈴原とつかしん稲野の2つの教室があります(^^)/
リラックスした雰囲気、丁寧な指導で、生徒ケアを大切にし、生徒の個性を伸ばします。
ECCオリジナル教材と教授法は、日本人の特性、成長に合わせ語学力アップを図ります。
単に「勉強」としての英語ではなく、コミュニケーションの道具としての英語を身につけるのがECCジュニアの特徴!
楽しく英語を学び、伝えたい事を積極的に自己発信できる「使える力」を養います。
楽しくなくては続きません!

オリジナル教材&成長に応じたカリキュラム&生徒ケア&熱意溢れる講師
一貫した指導システムだからこそ、

レッスンが楽しい!→英語が好きになる!→だから身につく!
「継続は力なり」です!

皆さんも一緒に「世界標準英語」を目指しましょう!

 

ECCジュニア南鈴原教室のブログはこちら>>>

 

 
2020年(平成32年)、日本の英語教育のビックバンが訪れます!!

今日本の英語教育は加速的に変化しようとしています。
時代の流れを見据え、計画的に将来に備えてゆきましょう。備えあれば憂いなし!



2018年からは、
将来的に「英語で討論・交渉できる事」を目指した実践的な英語教育へと変化をしていきます。
【聞く、話す、読む、書く】に加え、【対話する】ことも重要視されることとなりました。英語教育の現場は、
小学校~大学にかけて段階的に変化をしていくこととなります。

 
【小学校】
2018年度より小3から英語活動は必修化、小5・6は成績がつく教科へ(2020年度完全実施)
小学校5・6年生では中学校の学習内容が一部前倒しになると考えられています。
また、span style="color: #0000ff">中学入試の受験科目に採用されることも考えられます。
 
【中学校】
「読む」「書く」学習にプラスして、英語で授業を行うことが基本に(2018年)。
すでに高校で実施されている、「英語で授業を行うことを基本とする」指導方針が中学でも採用される予定です。
定期テストでは、リスニングやスピーキングの実施が増える可能性も考えられます。

 
【高校】
2020年度から=>英語で発表や討論する授業へ。 
高校では英語の授業は英語で実施することが基本に。

【大学】
<センター試験の変革>
2015年(平成27年度)以降の大学入試センター試験に大きな変化。 

 
<センター試験の廃止> 2020年から新方式のテストへ
大学入試センターの廃止。大学入試改革が行われます。
 新方式の導入は平成32年度(2020年)。2017年度の中学2年生の学年から導入されます。
現在、小学生の全児童が新制度での大学受験に臨むことになります。
 
 
<大学入試が4技能化>
新方式では英語は「4技能」の習得が必要になり、「伝わる英語」が重視されます。

<TOEFLの採用>
以下の記事が2013年4月86月24に発信されました。

「2017年度から大学入試のセンター英語試験の代わりにTOEFLを採用する」

また、国家公務員の試験や英語教師の採用試験にも
TOEFLのスコアを採用することが検討されています。
 
 
認識してください日本の英語教育の現状!

でなければ改善してゆけません!



前述は日本の英語教育の今後の変化ですが、
日本の語学力の現状はと言いますと・・・・

2013年TOEIC(R)テストにおいて、

世界の受験者の中で日本人の平均スコアは512点、

48カ国中40位にとどまり、

TOEFL IBT平均スコアにおいては、2010年の国別結果で見た場合、

日本人受験者の平均点は世界で103位

アジア30カ国中でも27位と、極めて低いランクです。

日本はTOEFL結果の「英語を話す能力(TOEFL iBTのspeakingテスト)」においても、

161カ国中161位で世界最下位となっています(>_<)



これは文法を中心とした日本の英語教育が間違っていたということ。
英語は「英語」で学ばなければなりません!
将来の変化を見据えたうえで計画的に学習してください!


ECCジュニアBS南鈴原で目指すのは
「世界標準英語」の習得です!

 

  


 
 

 
★幼児クラスはスタンダード・コースのみとなっております。
★小学生クラスはスーパーラーニングの設定のみとなっており、皆様に受講して頂いています。スタンダードの設定はございません。
★中学生クラスはスーパー英語と文法補強クラスのコンビネーション設定となっております。単独受講の設定はございません。
 
 
お問い合わせはお気軽に!
藤原まで(TEL: 072-777-4368)


 

BSとはBranch School(ブランチスクール)の略で高校生以上を専門に教えるスクールという意味です。ジュニアとは幼児から中学生までを指します。
当教室はECCジュニアとブランチスクール(BS)両方の資格を持っています。幼児~中学生、高校~一般社会人、シニアエイジまで、本格コースから趣味の英語と幅広いコースがあり、安心の月謝制です。
英検合格サポート、高校からのTOEIC(R)、TOEFL高得点指導!
楽しみながら学力アップしましょう!

※当サイトはホームティーチャーの個人サイトです。ECC公式ページではありません。

ECCジュニア


 
ECC主催コンテストや
☆ECCジュニア主催小学生スピーチコンテスト
☆オール兵庫ECCジュニア英語スピーチコンテスト
☆ホノルル市長杯 全日本ECC中学生英語暗誦大会
☆ホノルル市長杯 全日本ECC英語スピーチコンテスト
 

  他公募コンテストなどにも
 



私たちは2007年度からスピーチ活動を始めました。まだまだ十分な指導とはいえませんが、日々研究し生徒と共に勉強に励んでいます!
2011年度からECC主催外の公募コンテストにも積極的にチャレンジを開始しました。
一人でも多くの生徒に外に出る場を作り、理想と目標を持って語学学習に励んでもらおうという趣旨から始めました。
そして、2013年、活動7年目、教室開校10年目の記念式典を迎えた翌日、初めて悲願の「ホノルル市長杯 全日本ECC中学生英語暗誦大会」に出場させて頂くことが出来ました!
高い倍率の激戦を勝ち抜いた末、栄えある「銀賞」を頂くことができ感謝の気持ちで一杯です!
これを新たなスタート地点とし、更に語学力を磨き視野を広げ、生徒達には将来どんどん世界に羽ばたいて行って欲しいと願っています。
「石の上にも三年」「桃栗3年、柿8年・・・何でもすぐには実はならぬ」と申します。
何事も根気よくやり続けることが大切です。そして「百閒は一見にしかず」。全国から集まる他の優秀な生徒さんたちの素晴らしい発表を目の当たりにしたら、学ぶことがもっともっと見えてくるはず!「井の中の蛙」では「大海」を目指せません!
さあ、皆世界に漕ぎ出そう!
 
       
年度 コンテスト名 部門 種別 Name 学年 結果
2009 オール兵庫ECCジュニア・スピーチコンテスト 暗誦 BSの部
(高校一般)
Takayo 高1 3位
  ホノルル市長杯 第41回
全日本ECC英語スピーチコンテスト
暗誦の部 高校・一般 Takayo 高1 予選通過
全国大会出場
2011 帝塚山学院中学校高等学校主催 第2TG CUP 暗誦 小学生の部 Mao 小5 3位
  帝塚山学院中学校高等学校主催 第2TG CUP 暗誦 小学生の部 Madoka 小5 4位奨励賞
  ホノルル市長杯 第43回
全日本ECC英語スピーチコンテスト
暗誦の部 高校・一般 Takayo 高3 予選通過
全国大会出場
  32回関西女子中学生英語暗唱大会
ウヰルミナ杯
暗誦 中学生 Rio 中2 5位
  19回 薫英杯女子中学生スピーチコンテスト 暗誦 中学生 Chihiro 中2 審査通過 予選出場
  KBS京都・KBSカルチャー主催 
第22回ちびっこイングリッシュ・コンテスト
英語暗唱部門
【自由課題】
小学36年の部 Madoka 小5 予選通過
全国大会出場
2012 ブリガム・ヤング大学ハワイ校
第14回全国高校生英語スピーチコンテスト
テーマ
Family
高校生 Miyu 高1 審査通過 関西第二
地区予選大会出場
  聖トマス大学主催STU杯
高校英語スピーチコンテスト
弁論 自由課題 高校生 Miyu 高1 予選通過 本選出場
2013 帝塚山学院中学校高等学校主催 第4回TG CUP 暗唱 小学生の部 Miku 小5 4位 奨励賞
  オール兵庫 ECCジュニア・スピーチコンテスト 暗唱 中学生 JE部門 Mao 中1 3位
  第26回伊丹市中学校英語暗誦・スピーチ大会 スピーチの部 中3部門 Yuuki 中3 本選出場
  聖トマス大学主催STU杯
高校英語スピーチコンテスト
弁論 自由課題 高校生 Ayaka 高2 予選通過 本選出場
10th ★教室10周年★ホノルル市長杯 第29回
全日本ECC中学生英語暗誦大会
暗唱 JE部門 Madoka 中1 銀賞
  KBS京都・KBSカルチャー主催 
第24回ちびっこイングリッシュ・コンテスト
英語暗誦部門
【自由課題】
小学3~6年の部 Miku 小5 予選通過
全国大会出場
  KBS京都・KBSカルチャー主催 
第24回ちびっこイングリッシュ・コンテスト
英語暗誦部門
【自由課題】
小学3~6年の部 Itta 小5 予選通過
全国大会出場
  ブリガム・ヤング大学ハワイ校
第16回全国高校生英語スピーチコンテスト
テーマ
Family
高校生 Chihiro 高2 審査通過 関西第二
地区予選大会出場
  百合学院杯 YURI CUP 暗唱 中学生の部 Mao 中2 3位
  KBS京都・KBSカルチャー主催 
第25回ちびっこイングリッシュ・コンテスト
英語暗誦部門
【自由課題】
小学3~6年の部 Itta 小6 予選通過
全国大会出場
2015 梅花中学校主催
第4回小学生英語暗唱大会 BAIKA CUP
暗誦 小学生の部 Moeka 小5 5位
  第28回伊丹市中学校英語暗誦・スピーチ大会 スピーチの部 中3部門 Mao 中3 最優秀賞
  百合学院杯 YURI CUP 暗誦 小学生の部 Moeka 小5 5位
  ホノルル市長杯 第31回
全日本ECC中学生英語暗誦大会
暗誦 JE部門 Itta 中1 銅賞
  第28回伊丹市中学生英語暗唱・スピーチ大会 弁論 スピーチの部 Mao 中3 最優秀賞
2016年 ECCジュニアBSオール兵庫英語スピーチコンテスト 暗誦 JI部門 Minori 中2  
  第4回百合学院杯 YURI CUP 暗誦 小学生の部 Moeka 小6 5位
  第4回百合学院杯 YURI CUP 暗誦 小学生の部 Miyu 小6  
  第4回百合学院杯 YURI CUP 暗誦 小学生の部 Rio 小5  
  ECCジュニア小学生スピーチコンテスト 暗誦 小学生 Moeka 小6  
  ECCジュニア小学生スピーチコンテスト 暗誦 小学生 Rio 小5  
2017年 神戸日米協会 第24回高校生英語暗誦大会 暗誦 高校生 Shiori 高1  
 

コンテストの全記録はこちら>>>
レッスンが楽しいというのが一番大事なことです。
楽しいと感じるのは、何をやっているか理解できているから楽しいわけです。
先生に楽しませてもらっているから楽しいのではありません。自分から積極的に参加することが大事です。
理解できなくなれば当然難しいと感じ、楽しいとは思えなくなります。
それが「面白くない」という言葉に繋がります。
語学学習は成果の見えにくいものですから、「ペラペラになるんだ!」という大きな夢と意思をもって気長に学習を続けてゆく必要があります。
自宅学習はその要となります。
目標を達成するためには、短期や中期目標を立てることが効果的です。
短期目標を達成したら、中期に繋げ、大きな目標に少しずつ近づけてゆきます。
そうすれば自分の目標がよりはっきり見えてきます。
英検をその短期目標に立て成果を目に見える形にすると、特に小学生や中学生にとっては目標が理解しやすく、学習の成果をより出すことができます。
当教室では、そういった位置づけで英検と取り組んで頂いています。
また、2級所得後は高校からより実践的にTOEIC(R)からTOEFLへの指導に切り替えています。
語学は会話力がまず第一です!
それに見合った資格の所得を励行し、実践力のある「世界標準で使える英語」を目指してゆきます。

 

 
ECCジュニアでは通常レッスンの他にこんな無料特典・イベントがあります!

★テレフォントーキング ネイティブの先生と電話で英語の練習
★ECCキッズサマーフェスティバル
ネイティブの先生とゲームをします。毎年違ったテーマで行います。次のテーマは何かな??



南鈴原教室では独自のオリジナルイベントがあります!

★教室合同クリスマス大型イベント
1年間学んだ成果を校内スピーチ・コンテストで発表します。お菓子交換に皆の大好きなビンゴゲームがあります。



★クラス合同イベント・クラフトレッスン
オリジナルなハロウィーンハットやお面、クリスマスカード、イースターエッグなどを個性豊かに制作し、英語ゲームで楽しみます(^O^)/



そして、私たちは卒業しても同じ目標をめざす仲間です!

♦BS教室 卒業生同窓会




 
神戸海星女子学院中学校・高等学校無事卒業
今は誰も信じないけど---(-_-;)~~ベレー帽が良く似合ってたわ~☆
京都市立芸術大学・美術学部・造形科なんとか卒業
英文科とよく思われるけど、実は違うのよ~!(^^)!
伊藤忠ファッションシステム・デザイン部 かろうじて入社 !(^^)!
輸出繊維デザインの仕事をしていたの~♪
で、それがきっかけで英会話を始めたの~♪
海外をほっつき歩く・・・さすらいのバックパッカー (^^)/
冬の北欧は睫毛が凍るぜ~('_')砂漠の熱風はお肌に悪いぜ~ "(-""-)"
  中略 (^-^; 話が長くなるのでカ~ット~
そして・・世界に目覚め (^O^)/ "Wow!Fantastic!!"
英語の先生として第2の舟を漕ぎ出すことにしたの~ エンヤートット(^^♪
イーオン主任講師 何故か?シンガポール人って噂がたったわ~??
ECC外語学院・非常任講師 Momo先生ってニックネームで呼ばれることに
☆2004年ECCジュニアBS設立!という訳で現在はMomo組の組長(^O^)/







Momo ちゃんの愛すべき生徒たち-「らっきょ」の巻

「らっきょ」は4才の時から
ECCに来るのを楽しみに待っていました・・・≧(´▽`)≦


しょっちゅう遊びに来ては
玄関に入いり


かわいい顔で興味津々・・・中を覗き込んでは
教室に入りたがっていました(^O^)
 
幼稚園ではビービー泣いてばかりだったため
お父さんが
「もう少し社会性ができて小学生になってから」と待機中でした。
そうしてようやく
小学1年になり
やっとECCに入学したのですが(^-^;・・・・・・


中学生のクラスにいたお兄ちゃんに連れられ(^O^)
初日やってきたものの・・・・
 
途中で逃走・・・


やってきたのは
お兄ちゃんとECCのカバンだけ・・・


お兄ちゃん、曰く、
「ECC行くってはりきって、喜んで家出て、
途中までご機嫌だったんですけど・・・
さっき急に泣き出して(;_;)逃げて・・・・
捕まえられなくて・・・・・スミマセン(´Д`;)ヾ 
で・・これだけ」と


レッスンが始まり
おじいちゃんに抱きかかえられて登場
・・・・でも顔を埋めて泣きべそ(´;ω;`)
ヽ(´o`;その後も
毎回レッスンに泣いて(´;ω;`)登場
1学期は泣かない日がなかったほど・・・( ノД`)シクシク…


クラスメイトも
「(?_?)なんで泣いて(;_;)いるの(?_?)」と口々・・・
なんででしょうね・・・・???


そうして時が立ち・・・
2年になっていた「らっきょ」
1年生がお母さんに叱られ泣き(´;ω;`)ながら登場しました・・・
彼曰く・・・「なんで泣い(;_;)てるん?」


「僕は一回も泣いたことないよ」・・・
えええ~~~(゚o゚;;


Momoちゃん、「あれ?去年はいっつも泣いてたよ」と言うと・・・
「うそ(゜ロ゜)、そんなん覚えてない。泣いたことないよ(‐_‐)」

そんな「らっきょ」が4年生になった時、
弟が入学しました・・・


「らっきょ」曰く
「心配やな~(・_・)
弟泣くかもしれんな・・・。アイツあかんたれやから・・・。
英語の勉強なんかできるんかな~(つд⊂)
ひらがなも読まれへんのに・・・。心配やな・・・(ーー;)」
とお兄ちゃん風( ´艸`)


成長につれ
ビービー泣かなくなったものの
盆と正月には「泣きベソ」
弟君が「すらすらマイプリント」で算数を始めることになった時は、
「アイツ心配やな~
九九もできひんのに・・
算数なんかできるんかな・・・(;^ω^)」と
またしても心配性のお兄ちゃんぶり(〃艸〃)ムフッ


そんな「らっきょ」が
6年生の最後に
スピーチコンテストで1位をとりましたΣ(・□・;)
直前まで暗誦ができなくて
「半べそ」をかいていたのに・・・
当日のその堂々としたスピーチにはびっくりΣ(・□・;)


あまりの驚きに
Momoちゃん「喜ぶ」を超えて
手を叩いて
「ワッハッハ~」と
恥じらいもなく大口を開け大笑いしました(〃ノωノ)
(^^;)(^_^;)(^_^;)

そして「らっきょ」は中1になりました(^O^)

丸6年も続けてきたんだな~
年月の重みを感じ
「えらいな~」と
感慨深く思うMomoちゃんです・・・


英語のホントの楽しさを見つけるまで
頑張って欲しい
そう、思います。
 
 


  Momoちゃんの教室の基礎造りを支えてくれた講師たち→ 『Momoちゃんの三本の矢&一本の槍』
 

ECCジュニア

もっと写真を見る Photo Gallery

  • インド・シュリナーガルで出遭った子供たち
  • インド・シュリナーガル
  • 2012年校内スピーチコンテスト 受賞者
  • 2009年 ハロウィーン・イベント
  • つかしん稲野PI クラス